診療案内

喉(のど)の主な疾患

喉の症状

のどの病気としては、主に次のような疾患があります。

のどの違和感

長引くせき

のどの違和感(咽喉等異常感症)

のどの違和感の原因は様々です。

  • 鼻やのどの炎症(副鼻腔炎、咽喉頭炎、胃食道逆流症など)
  • 舌扁桃の肥大、頚椎の変形などの形態的な問題。
  • 咽喉頭腫瘍や甲状腺腫瘍など。
  • 喉頭アレルギー、咽喉頭異物などの局所的な問題
  • 唾液分泌低下
  • 全身的な要因(貧血、心肥大、大動脈瘤、更年期障害など)
  • 心因的な要因

まだ他にも要因はあります。何かできているのではないか。という不安が一番強いと思いますので喉頭ファイバースコープや超音波(エコー)検査で、できものができていないか調べます。

通常の耳鼻科的な視診で訴えに見合う病変が認めないときは治療的な診断(問診から疑われる疾患を絞って投薬する)を行うこともあります。経過によってはCT,MRIの画像検査も行っていきます。

△ページトップに戻る

長引くせき

感染後咳嗽

長引く咳には様々な原因があります。まず副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気で鼻汁がのどに落ちることを後鼻漏といいますがこの後鼻漏が耳鼻科領域ではよく見られます。その他頻度の高いものとしてアレルギーが関与するアトピー咳嗽、咳喘息、食道に胃酸が逆流する胃食道逆流症、百日咳、マイコプラズマ肺炎などの感染症があります。

またタバコなどが原因でおこる慢性閉塞性肺疾患、肺がん、結核、心臓の病気、ある種の薬に副作用、心因性など多くの病気を鑑別していかなくてはなりません。

それらの疾患を正確に鑑別するには沢山の検査が必要になってきますが、現実にはすべての検査を行うことは困難です。実際はまずは症状や経過を十分お聞きし、レントゲン、ファイバースコープなどの検査も参考にしながら疑った病気に対してまず治療を行う治療的診断をおこないながら確定診断していくこともあります。

その過程で他科での精査が必要と判断した場合は、適切な施設に紹介させていただきますので、ご安心して御相談ください。

△ページトップに戻る